ホームページを作るなら使えて当たり前!?HTMLの基本とは!

HTMLとcssはセットで覚えよう!

自分用のホームページは、じっくり構想を練りながら作ってみたいって思いますよね。自己制作すると予算もグッと抑えられ、内容の変更をしたい時も思うがままにできるところがいいところです。
さて、これからHTMLを使う方。書き方のルールにそって、ヘッダー、ボディ、フッターと順番にテキストの内容を記述していくだけだと思っていませんか?確かに構成と言うところでは、HTMLで骨組みは作成できます。しかし、それだけでは文字が並んでいるだけなのです。そこでHTMLト連携して使うのがcssです。こちらを使うことで、レイアウトの変更や、背景、イメージ画像、フォントのサイズ調整ができ、ようやくオリジナルのホームページを作ることができるのです。参考書を見るとHTMLとcssはセットになっているものが多いので並行して覚えてみると役に立ちます。

英語の能力が発揮できるかも

HTMLでの記述で、構成ができたのでいざ記述!と、意外と苦戦することがタグ打ちです。ブラインドタッチができるからサクサク進行できる自信があるという方でも、タグの意味を理解している方がよりスムーズにホームページの制作ができます。例えば、<p>と言うようなタグがあったとします。これは、段落が変わり次の文章が始まることを表すタグです。そのまま覚えてしまえば良いのですが、もし英語が得意なら、パラグラフのpと覚えれば良いでしょう。他にも、<strong>、<span>などの英語の意味を理解していたら便利な単語がいくつも登場します。短い単語なので、HTMLの記述をしながら英単語を覚えるのも楽しいでしょう。

ホームページ作成を業者に依頼する場合、作成の実績が多ければ検索順位対策やスマートフォンページ作成にも対応しています。ホームページ作成の実績がある会社に依頼すると良いです。